×

CATEGORY

10,000円以上のご購入で送料無料 10,000円以上のご購入で送料無料

CONTENTS

CATEGORY

バイクメンテナンスの必要性

バイクメンテナンスについて

バイクメンテナンスについて

一度は、街中でバイクが動かなくなって立ち往生しているのを見かけたことがあるかと思います。バイクは精密機械なので、多かれ少なかれ故障は発生するものです。メンテナンスをきちんとすれば、故障やトラブル、それが原因で起こる事故の危険性も抑えられます。バイクメンテナンスについては、数多くのマニュアル本や、インターネット情報などで知れますので、購入したり検索したりして勉強してみるといいでしょう。

ネットで勉強しようと思った方に、基本的なメンテナンス方法についてご紹介したいと思います。

基本的なバイクメンテナンス方法

01.タイヤ

タイヤの空気圧や溝の残りをチェックすることは大事です。タイヤの空気圧が不足した状態で高速走行すると、スタンディングウェーブ現象といってタイヤの表面が波打った状態のままタイヤが回転してしまうことによって、ハンドルがぶれてとても危険な状態になってしまいます。他にも、タイヤの両端の摩耗、倒し込みが重くなる、タイヤが異常に熱を持つことによってグリップが悪くなるなど悪いことだらけです。また、溝の凹凸がないことによって水はけが悪くなり滑りやすくなってしまいます。特に雨の日は危険です。

02.ブレーキ

まずはキャリパーを外してボルトを外し、バッドピンを磨きましょう。段々になっているなら、交換が必須です。ピストンの洗浄も必要となっていますが、慎重に行わないとピストンが飛び出してしまうのでペンチなどで噛ませるようにしましょう。バイクのブレーキは、何もしないでいると汚れが付着して効かなくなってしまうこともありますので、きちんとメンテナンスを行うことが大事です。バイクを安全に乗るために、ブレーキというのは特に重要なので、丁寧にチェックをするようにしてください。

03.オイル

バイクオイルは、ピストンがスムーズに動くようにするための潤滑、ガソリンを燃やすことで熱くなるエンジンを冷やすための冷却の役割があります。バイクオイルの交換は、走行5000kmのタイミングで行います。これを怠ると、バイクエンジンに負荷がかかってエンジンの寿命を縮めてしまいます。ひどい時には、エンジン載せ替えと、より高額な予算が必要になってしまいますので、きちんと定期的に交換を行うようにしましょう。

バイクメンテナンス中に異常が見つかり、修理パーツなど必要になりましたら、当店にて取り扱っています。ブレーキレバーなら、ホンダのCBR250RR、CB400SF、スズキのGSX1300Rなど様々なブレーキレバーを格安価格にて豊富に取り揃えていますので、ご覧ください。